teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


Re: シビル後の再入隊について

 投稿者:れじょね  投稿日:2015年10月15日(木)15時04分4秒 softbank126072101210.bbtec.net
返信・引用
  > No.2461[元記事へ]

元ルージュジャポネさんへのお返事です。

懸垂もまともにできないのに、レジオンに入りたいと思うことが理解できませんけど。。。。

外人部隊は一度除隊すると、まず再入隊はできません。
残念ですけど。





> 皆さん、始めまして、私は10年近く前に18歳と一ヶ月くらいで外人部隊に志願したものです。
> 当時、私は母とパリに数年在住しており、フランス語は他の外国人志願者よりはできました。
> パリの志願所から入り、オバーニュの選考まで行きました。
> ルージュになる前、体力試験などでは、体格はよかったんですが、ビリのほうでした。
> 体力的な不安がかなり残るなか、当日、懸垂なども1回でほぼ無理、、
> などだめだめでした。
> そして、あれよあれよと、5年間の本契約の紙と戦闘服が支給される場所にきたさいに、
> サインをせずに体調不良を理由にその場でシビルしました。
> その後、はげしく後悔し、パリの志願所に数回、リヨンに一回、直接オバーニュの志願所に一回、志願に行き、パリでは顔がわれてたので、門前払い、違う場所では一週間くらいはばれずにいたものの、過去のデータの数年前のが残っていたためばれて、返されました。
> やはり、一度、シビルの紙にサインしてしまった者は二度と再志願することは不可能なんでしょうか、、、
> 苗字を変える?とかしても、指紋などのデータも残ってしまっていますし、結局はばれて、門前払いされてしまうでしょうか、あのときのシビルが人生最大の後悔でありまして、
> 現役の方、勇退されたレジオネールの方、恐れ入りますが、情報を教えていただけましたら、本当にさいわいです。よろしくお願いいたします
 
 

(無題)

 投稿者:ハクア  投稿日:2015年10月 5日(月)20時09分25秒 42-145-37-26.rev.home.ne.jp
返信・引用
  自分専用の銃を貰えますか?
それとも、そこらへんの武器屋で買うんですか?
 
    (管理人) 武器は貸与されます  

外人部隊からの返事

 投稿者:retour  投稿日:2015年10月 4日(日)09時28分1秒 s21-13.opera-mini.net
返信・引用
  Hello,



           In answer to your email, we address a documentation (enclosure) to you which summarizes the essence of
what it is necessary to know about the methods of engagement for the Foreign legion.



IMPORTANT:



(a)         For any medical problem only a military doctor is jurisdiction over his case.
            This is done only in the context of the visit of commitment.

(b)         All cases relating to justice the answer to your question may be made only after a preliminary interview
            ith a recruiter in position information Foreign Legion (P.I.L.E.) or a post of recruiting Foreign Legion (P.R.L.E.).



       Any volunteer, whatever his nationality and his country of origin must be presented in one of the stations of
       recruitment or information of the Foreign legion in Metropolitan France
       (idem for the residents in the DOM & TOM), with a valid identity paper.



       It can present every day of the year in an office of the foreign legion, nevertheless we advise you to
       come in the week from 9:00 to 17:00 to facilitate the administrative tasks.

Lodging and the food are ensured throughout the period of recruitment.

       The candidate will then be subjected to operations of selection and orientation during one period of
approximately 04 weeks, and this without any contact with outside.



We draw your attention to the following points:



・         Recruitment is opened to the men (and only to the men) 17 years ?  at 39 years.

No exemptions before and after these crenels.

・         The Foreign legion cannot grant any support in your administrative approaches to you to obtain a visa (nationals except the EEC).

・         The Foreign legion cannot financially help you for your project of voyage.



      It is strongly advised to you to have a ticket return in order not to find you in infringement with
respect to the French legislation on the stay from abroad.

     If its candidature is approved, the volunteer will be authorized to subscribe one 05 years duration
an unconditional contract minimum. In the contrary case and whatever is the reason, it will be immediately returned to the civil life.



Personal businesses has to take to present to you :

・         At least 01 valid identity paper, therefore minimum a valid passport with or without Visa for
the foreigners at the European Community (otherwise an identity card for the nationals of the EEC).

・         01 correct civil behaviour, Body linen for 05 days (slipways, undershirt, socks),

・         01 pair of sport shoe,

・         complete Toilet bag (brushes with tooth, towel, foam to be shaved and razor, soap),

・         Maximum 30 to 60 Euro  of pocket money (in small cuts).

Not to take:

・         Convey/motor bike,

・         telephone or laptop, reader MP3,

・         cumbersome or invaluable object,

・         notebook of accounts - cheques or bank card,

・         Etc…

        Do not forget to consult the enclosures,



For more information consult following Internet sites:
http://www.legion-recrute.com

外人部隊から一ヶ月遅れで返事が来ました。
フランス語で質問したのですが、英語で返事が来たので、全文載せておきます。
大体、フランス大使館からの返事と同じです。
ただ、管理をしやすいように、9:00 to 17:00までに志願したほうが良いようです。
それと笑ってしまったのは、オートバイを持ち込んではいけないそうです。
誰か持ち込もうとした人がいたのでしょうかね。
以上、役立てみてください。
 
    (大佐) ありがとうございます。  

シビル後の再入隊について

 投稿者:元ルージュジャポネ  投稿日:2015年10月 3日(土)17時30分51秒 59-168-234-82.rev.home.ne.jp
返信・引用
  皆さん、始めまして、私は10年近く前に18歳と一ヶ月くらいで外人部隊に志願したものです。
当時、私は母とパリに数年在住しており、フランス語は他の外国人志願者よりはできました。
パリの志願所から入り、オバーニュの選考まで行きました。
ルージュになる前、体力試験などでは、体格はよかったんですが、ビリのほうでした。
体力的な不安がかなり残るなか、当日、懸垂なども1回でほぼ無理、、
などだめだめでした。
そして、あれよあれよと、5年間の本契約の紙と戦闘服が支給される場所にきたさいに、
サインをせずに体調不良を理由にその場でシビルしました。
その後、はげしく後悔し、パリの志願所に数回、リヨンに一回、直接オバーニュの志願所に一回、志願に行き、パリでは顔がわれてたので、門前払い、違う場所では一週間くらいはばれずにいたものの、過去のデータの数年前のが残っていたためばれて、返されました。
やはり、一度、シビルの紙にサインしてしまった者は二度と再志願することは不可能なんでしょうか、、、
苗字を変える?とかしても、指紋などのデータも残ってしまっていますし、結局はばれて、門前払いされてしまうでしょうか、あのときのシビルが人生最大の後悔でありまして、
現役の方、勇退されたレジオネールの方、恐れ入りますが、情報を教えていただけましたら、本当にさいわいです。よろしくお願いいたします
 

(無題)

 投稿者:アルファ  投稿日:2015年 9月19日(土)13時33分44秒 44.42.244.43.ap.yournet.ne.jp
返信・引用
  約3ヶ月前のyoutubeでイタリア人の志願者が正しい懸垂ができずに門前払いされていました。
きちんと肘を伸ばしきる形で5回できれば受かりそうですね。私は肩幅より腕を広げると厳しいです。
 

(無題)

 投稿者:バビル三世   投稿日:2015年 9月18日(金)23時29分47秒 180-147-42-53f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  少し聞きたいのですが
外人部隊ではマニューリンMR73はつかわれるのですか
 

フランス外人部隊について

 投稿者:名無し  投稿日:2015年 9月18日(金)22時52分51秒 180-198-107-51.nagoya1.commufa.jp
返信・引用
  大佐さん、こんにちはフランス外人部隊に興味を持ったものです。
記事を色々と読ませていただきました。
昔から、フランス外人部隊に入隊したいと思っているのですが、
その前に自衛隊に入ってある程度、体力とスキルをつけていこうとおもっております。
しかし、まだどちらの部隊の年齢基準に達していないので、どうしようももできない状況です。
でも、今できることをしようと思い、最近はトレーニングをしています。
そこで、何かしておいたほうがいいトレーニングなどはあるでしょうか?

今、自分が行っているのは

腕立て伏せ 30回を(朝夜)の2セット
腹筋 20回 (朝夜)の2セット
土日に軽くジョギングを4~5キロ
これらのトレーニングをやっております。
他に毎日やったほうがいいトレーニングなどはあるでしょうか?
 
    (大佐) こんにちは。
できることからやるのがいいと思いますね。
できれば懸垂もやったほうがいいかも。
ジョギングも毎日、できればですが。
フランス語なんかもやったほうがいいですよね。

大佐
 

現在

 投稿者:関係者  投稿日:2015年 9月 6日(日)19時48分46秒 s869115.xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp
返信・引用
  今、外人部隊は急激な人員増の方針で人手不足なので、採用されやすい状況です。今がチャンスです。
ただ、中途半端な気持ちや安易な気持ちで志願はしないで下さい。

現在、マリや中央アフリカのミッションが活発なので実践経験の機会もあります。
 

ありがとうございました。

 投稿者:M  投稿日:2015年 9月 2日(水)23時49分37秒 pb6aa276d.ehimnt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  > No.2445[元記事へ]

retour 様

貴重な情報をご教示頂きありがとうございます。
大変参考になります。
また、質問させて頂くことがあるかもしれませんが、その折はどうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。
 

志願条件

 投稿者:retour  投稿日:2015年 9月 1日(火)19時22分15秒 i218-47-241-93.s01.a006.ap.plala.or.jp
返信・引用
  こんばんは。現在の採用条件などを知りたくて、外人部隊に問い合わせてみても返事が来なかったので
フランス大使館に問い合わせてみたところ、下記のような条件のようです。
私も少し加筆しています。これから、志願する人は参考になればと思います。長文で失礼します。

(入隊の条件)
年齢制限は17歳から40歳(18歳未満の場合には法廷翻訳した両親の承諾書が必要)。
入隊志願時の年齢は17歳6ヶ月から39歳6ヶ月までです。

いかなる地域においても働ける肉体的条件を有していること。
身分証明書(パスポート)を所持していること。
フランス語の知識は入隊後学ぶことができるので、特に必要としません。
(フランス語はある程度学んでいたほうが良いと思います。)
入隊時の契約期間は5年。
契約期間中、2年間の海外勤務が保障されます。(特別手当がつく)

(入隊志願)
 入隊志願はフランスに所在する募集事務所で、24時間年中無休で受け付けています。
 パリ市近郊にある募集所の住所は
  Fort de Nogent- Boulvard du 25 aout 1944
                    94120 Fontenay-sous-Bois     tel(33)06 48 10 73 97
(RER E線 Haussmann St-Lazare駅からTournan行きに乗り、Nogent-Le Perreux駅下車)
(RER A線 A2に乗り Fontenay-sous-Boisか Nogent-sur-Mameで下車)
A線の方が分かり易いと思います。

募集事務所での面接の後、入隊志願者はオーバーニュの外人部隊第一連隊まで輸送され(TGV~ローカル)
そこで身体検査、職業適性検査、心理学を応用した行動パターンなどの検査を受けます。
体力検査については外人部隊募集ホームページに出ています。(フランス語)
この検査には2~3週間かかり、適性が認められれば入隊が許可されます。

(志願時に最低限必要な持ち物)
スポーツシューズ1足、下着・Tシャツ・靴下3着ずつ、石鹸、髭剃り、バスタオル、シャワー用サンダル、
現金50ユーロ以上。

(入隊後の生活)
入隊が許可されると、外人部隊兵士はCastelnaudaryにおいて15~16週間の
基本軍事訓練を受けます。
この訓練後、ひとつの連隊に配属され、そこで一つの職種をマスターし、場合によっては昇進することが
できます。能力しだいでは、士官まで昇進することもできます。

(外人部隊の編成)
連隊はホームページで確認してください。

(部隊における職種)
外人部隊兵は契約期間中、下記の職種のどれか一つを習得できます。
戦闘、事務、通信、自動車、建設、その他(ミュージシャン。看護士、料理人、写真家、図案家、など。)

(5年間の契約終了後の処遇)

勤務期間が3年に達した時点で、フランス国籍の申請ができます。認められればフランス人になります。
フランス国籍を取得した際は日本国籍を失う可能性があります。(日本は2重国籍を認めてないため)
外国人特別滞在許可証を取得できます。所轄の県当局に申請する。勤勉な外人部隊兵には自動的に与えられます。
場合によっては民間企業に就職することができます。
名前を戻すとき、アポスティーユ申請や戸籍謄本の法廷翻訳は必ずやることです。

(年金)

5年間の契約期間終了後本人が希望する場合は、半年。1年,一年半、2年、3年などの契約期間で
勤務期間を延長することができます。
この場合、15年目で年金が支給されます。この年金は、母国に帰国後も支給されます。

(給料および手当て)
フランスの陸、海、空の軍人のそれと同じ仕組み。
階級、技能、勤務年数、勤務場所によって差があります。
尚、宿泊費、食費、衣服費、雑費(ガス、水道、電気)などはすべてフランス政府の負担になっています。

(その他)
志願のときの旅費、入隊できなかったときの旅費はすべて本人負担です。
1ヶ月くらいのオープンチケットを用意しておいた方がいいです。
戸籍謄本があれば、入隊時の手続きがスムーズになります。(法廷翻訳はしておいた方がいいと思います)


フランス外人部隊公式ホームページアドレス
http://www.legion-recrute.com
 
    (大佐) ご丁寧にありがとございます。  

衛生兵としての採用可能性について

 投稿者:M  投稿日:2015年 8月30日(日)15時13分28秒 pb6aa276d.ehimnt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  大佐殿、

いつもお世話になります。
私は現在フランス語と基礎体力のトレーニングをしております。
視力などは1.0、0.8程度、身長が168センチです。

それとは別に看護師の資格と経験をもっております。語学は英語;ビジネスレベル、中国語;日常会話レベルです。フランス語;日常会話レベルで現在勉強中です。

私としては、衛生兵課などであれば、自分の特技、経験を活かせると思っているのですが、現時点で私が知り得る情報では、外人部隊では衛生兵課へ就くということが可能なのか否かは、はっきりとした情報を得ることができませんでした。

徴募課へ直接問い合わせようとも考えていますが、大佐殿が仕事をされていた際には、そのような兵課に就くことは可能でしたでしょうか。よろしければ、ご教示頂きたくお願い致します。
 
    (大佐) こんにちは。
同じ小隊に衛生兵なのかどうかはわかりませんが、応急手当などの教育を受けた隊員がいましたが。
また、各駐屯地には、病院ではありませんが傷病兵用の建物があると思いますので、そういった部署では役に立つのではないでしょうか。
風邪やケガでそういった施設でお世話になったことがあります。
この程度の情報しか私にはありません。
お役に立てるかどうか。

大佐
 

年齢と体力、視力、語学力について

 投稿者:エスパどん  投稿日:2015年 8月26日(水)22時03分2秒 219067227006.joetsu.ne.jp
返信・引用
  はじめまして。
最近、フランス外人部隊に興味を持った者です。

最近、フランス外人部隊の情報に触れる機会があり、興味があったので色々と調べてみたところ、40歳まで入隊が可能との記述がありました。

思い切って在日フランス大使館に問い合わせてみたところ、確かに40歳未満(正確には39歳6ヶ月まで)なら、入隊は可能とのことでした。

そこで質問なのですが…

① 実際、母国での軍務経験なしで、ある程度のトレーニングを積んだ30代後半の日本人が、フランス外人部隊に入隊することは可能でしょうか?

 かねてより軽度のトレーニングをしております。
 メニューは、以下のとおりです。

  ・5kgの背嚢を背負い、時速7~8ikm程度の速度で、6~8kmのジョグ
  ・5kgの背嚢を背負い、50mの急勾配ダッシュ(5回~10回程度)
  ・腕立て伏せ30回強(朝/晩)
  ・腹筋50回程度(朝/晩)
  ・懸垂0回...(現在ネガティブトレーニングを主に集中強化中)

  上記を2日に1回程度のペースで実行しております。


② 視力が弱く、特に乱視が酷いため、 ランドルド環によるアナログ測定で、なんとか0.2程度です。
  視力の最低基準について在日フランス大使館に問い合わせたところ、「最低基準は記載はなく、眼鏡をお使いください(コンタクトは不可」とのことでした。


③ フランス語は、初歩中の初歩の段階です。
  以下のことは何とか”言える”ようになりました。

  ・1~100まで数かぞえ
  ・左右、上下、前後、東西南北の方位
  ・自己紹介程度の挨拶

 ですが、ヒアリングが難しく、中々上手く聞き取れません。
 Youtubeの新兵訓練動画やN○Kのフランス語講座で耳を慣らそう試みてはおりますが、
 サッカドゥ等の特徴のある言葉が何とか聞き取れる程度です。
 尚、英語は初級以下です...
 これで、入隊時の面接等で、面接官との意思の疎通ができるのか、正直不安です。


以上、①、②、③を踏まえて総合的に考え、このまま半年ほど体力・視力トレーニングとフランス語学習を続行していけば、入隊の基準レベルに到達できるでしょうか?


長文、乱文で大変申し訳ございません。
ご回答頂ければ幸いに存じます。
 
    (大佐) こんにちは。
体力、視力、語学力ともなかなか厳しいものがあるように思います。
訓練の際、背嚢は10キロ以上でした。
腕立ても100回程度、懸垂も10回はできたほうがいいでしょう。
視力、0,2では厳しいでしょうか。
私も0,1程度で眼鏡で志願したことがありますが、悪すぎるみたいなことを言われたように思います。
語学力ですが、面接で意思疎通ができるのかというのが問題ですね。
志望動機、職務経歴などなど。
相手に正確に伝えることができるのか。
年齢的にも厳しいと思います。
30歳代の人間もいてたのは確かですが、ほとんどが20歳代でしたね。

 

旅費

 投稿者:アルファ  投稿日:2015年 8月16日(日)10時48分49秒 163.233.75.202.east.global.crust-r.net
返信・引用
  先日、オープンチケットを買いましたがまだ傷害保険の加入やホテルの予約はしていません。体を休めるためにも最低一泊はしたいのと不合格の際はオバーニュに向かうか手数料を払って帰国しなければなりません。外人部隊の規定では50ユーロ以上持参してはいけないとありましたがこれまで志願された方はいくらぐらい持っていきましたか?
ちなみに懸垂は5回やっとできるようになりました。
 
    (大佐) こんにちは。
不合格になった際のことも考えていたほうがいいですね。
必要な額のお金、クレジットカードなど持参したほうがいいのでは?
合格すれば、カードははさみで切られてゴミとなりますが。
懸垂5回ではなかなか厳しいものがあるでしょうね。
 

質問させて頂きます。

 投稿者:M  投稿日:2015年 7月16日(木)17時56分38秒 pdf86a6e0.ehimnt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  大佐殿、いつもアドバイスを頂き、お世話になります。
差し支えなければ、質問させて頂きたいのですが、大佐殿が外人部隊へ志願するに際して、除隊後のことなどもある程度、考えられた上で、経験を積まれるために志願、入隊されたのでしょうか。小生は、軍隊でしか得られないスキル、経験を除隊後の仕事、人生へもできることなら、活かすこともある程度は考えておきたいと、最近は考えております。大佐殿が外人部隊で得たことは、現在のお仕事、生活などには活かされているでしょうか。立ち入った質問でもありますので、差し支えない範囲でご教示を頂けますと幸甚です。
 
    (大佐) こんにちは。
志願する際、除隊後のことは全然考えていませんでした。
とにかく、入隊することだけしか考えていませんでした。
まず、入隊する目的をしっかり決めないと、せっかく入隊できても、もったいないことになる可能性が高いと思います。
除隊後のことを考えるのもいいと思いますが、なかなか思い通りには行かないものですからね。
自衛隊と外人部隊の違いですが、自衛隊では行軍一つとっても、事前にルートを確認して、計画通りに進めようとしますが、外人部隊では、地図だけを頼りに行き当たりばったりで行軍をしていたように思います。
ですので、途中、川を無理やり渡ったり、道などない丘や藪を突破したりとその場その場で対応することが多かったです。
これは、日本人と外人との違いなのかもしれませんが、そういうことも経験していると、想定外の事案が発生しても、慌てずに対応できるようになるのではと思います。
何にせよ、無駄な経験はないですよ。フランス語を勉強するだけでも有益ですしね。
 

志願するにあたって

 投稿者:流浪の人  投稿日:2015年 7月10日(金)19時46分4秒 s876221.xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp
返信・引用
  大佐さんこんにちは。これから志願するにあたって準備しています。航空券も荷造りもある程度整えていますし、英語もフランス語も出来る限り勉強しています。ですがまだわからないことが有ります。オーバーニュでの入隊合否にふるい落とされたらそのままオーバーニュの基地にそのまま出されるのか一度パリの募集所まで戻されるのかわからないのですがどうでしょうか?野暮な質問ですがお願いします。自分はパリの募集所から行きます。  
    (大佐) こんにちは。
不合格になったら、バスで近くの駅まで送ってくれるようです。
不合格者がバスで輸送されていましたし、実際不合格になった日本人からも同様に聞いています。
パリまでは送ってくれないと思いますよ。
 

さすがです

 投稿者:ゲルググ  投稿日:2015年 7月 3日(金)23時53分46秒 p3079-ipbf2607sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  ご返信ありがとうございます。ジオン公国軍モビルスーツです。即バレでしたね^^;
気付けばこのHPで大佐殿と知り合って10年ですもんね。早いものです。
まだここのチャットルームがあった頃、大佐殿の35歳のお誕生日をチャットにてお祝いしたのが懐かしいです。そんな私もとうとう来年40になります…

失業者様も会社を立ち上げ軌道に乗っていらっしゃるようで非常に嬉しく思います!
どうかよろしくお伝え下さい。

私は自覚無く苦労を選んでしまうんでしょうね。単に愚かなのだと思います。

除染の仕事、マスコミやネット上で言われているほど劣悪な環境ではないんですよ。むしろ私の現場はなかなか快適です。
原発構内と違い防護服を着るわけでもなく仕事内容も全然きつくないし、無料の作業員宿舎も個室だし(めちゃ狭いですが)、無料共同浴場もあり、有料ですが3食付きです。現在私がいる準警戒区域の大手ゼネコン1次下請け現場の話ですが。喰らう放射線量の事は気にしないようにしています。我々が作業しているすぐ近隣で地元民は普通に暮らしていらっしゃいますし。
警戒区域外の単価の安い現場や3次や4次下請業者に入ってしまうと、タコ部屋に3~4人自炊生活とかは普通にあるみたいです。
私がこの業界に入ったきっかけは元自衛官で構成する土木建築会社をたまたま見つけて入社し東北に赴任した事ですが、現在東北の除染現場には元自衛官の作業員が多数いますよ。それも定年退官後のお爺さん達が大半です。何故か陸と海出身が多くて私のような空出身は少ないです。また幹部自衛官だった方が多いのもちょっと驚きました。
印象に残っている例として、防衛大出身で幹部レンジャーも行ってどこかの普通科連隊長までやって1佐で定年し生命保険会社に再就職して保険外交員を10年ほどやった後、末端の除染作業員として来ていたお爺さんもいました。毎日文句ひとつ言わず黙々とネコ(一輪車)で土運んでましたね。
佐官クラスの幹部自衛官ですら、定年後の最就職先に頭を抱える人も多いのが現状みたいです。それで東北の除染現場に普通作業員や重機オペとして出稼ぎに来る。

元警察官だという人とも一人いましたね。某県警を巡査部長で依願退職してその後何度か転職を繰り返して除染現場に流れ着いたと言ってました。

ちなみに私も現在除染の仕事の傍ら即応予備自は続けております。3年前に北海道の部隊から東北の部隊に『転属』しました。即応予備自にも転属というシステムがあることは面白かったです。

長々と失礼いたしました。
大佐殿も失業者様との全国出張頑張って下さい。お互い都合が合えば仙台あたりでお会い出来ればいいですね。
では、また顔出します。
 

お久しぶりです

 投稿者:名無し  投稿日:2015年 7月 3日(金)06時27分51秒 p3079-ipbf2607sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  大佐殿

失礼いたします。以前このHPにちょくちょく遊びに来ていた者です。
仏外人部隊を除き、大佐殿と経歴が少々似通ってる者です。大佐殿には敵いませんが。
お元気そうでなによりです!そしてお仕事のほうもなんか波に乗っていらっしゃるようで私も大変嬉しく思います。
大佐殿の縁の地フランスでもお仕事をされたんですね!

私は数年ほど前から東北に身を移し除染工事の重機オペレーターとして飯場生活をしながらなんとか働いております。決して将来性のある安定した仕事とは言えませんが目先の日当に目が眩んでしがみついております。
あの頃は己の進路に躓いて何度か大佐殿にご相談したりもしましたが、現在はなんとか食えております。
相変わらず仕事終わった後のランニングと軽い筋トレは続けております笑。
たまに休暇を取り帰郷してます。

当時どこの馬の骨ともわからない私めの相談に乗っていただいた事は本当に感謝いたしております。
また、一度大佐殿の貴重なお誘いに良いお返事を出来なかったことを深くお詫び申し上げます。

洞察力の鋭い大佐殿のこと、私が何者かはなんとなくお気づきのはずかと思います。
またたまに顔を出しますね。

P.S.あの頃大佐殿同様に貴重なご意見を頂いていた失業者様はお元気でしょうか?
 
    (大佐) お久しぶりですね、モビルスーツさん。
あなたもなかなか苦労していますよね。
わざと苦労を選択しているような気がします。
まあ、それも人生なのでしょうが。

私の仕事のほうは、お陰様で良いお客様に恵まれて楽しくさせていただいております。
昨今の刃物を用いた事案の影響も少なからずあると思われますが。
私も失業者もトレーニングは欠かさずやっております、仕事上の義務ですので。
失業者は、会社を立ち上げましたよ。結構うまいこと行っているようです。
あと、失業者とは今年の夏は仕事で全国をまわることになりそうです。
北海道は行きませんが、仙台は行きます。西は福岡です。
では、また連絡ください。

大佐
 

陸上自衛隊

 投稿者:10月の終わりに旅立つ予定だったもの  投稿日:2015年 7月 1日(水)07時50分53秒 KD059138224060.au-net.ne.jp
返信・引用
  大佐さんこんにちは
トレーニングの質問に対する回答ありがとうございました

非常に私事なのですが、この前友達に誘われて一緒に自衛隊の地本に遊びにいったんですが、行ったら僕も自衛隊受けないかみたいなことを言われまして。
外人部隊は来年募集停止の 噂  もありますが、僕自身はそんなに急いでるわけではないので自衛隊に入ってから外人部隊いくのもありかなぁと思いはじめました。
その方が受かりやすいと思いますし。
外人部隊に受けにいくお金はバイトしていたのであります

大佐さんならどうしますか?

くだらない質問ですみません

回答待っています
 
    (大佐) こんにちは。
今の自衛隊、とてもいいと思いますよ。
予備自で毎年訓練受けに行きますが、昔とは全く違いますね。
みんな訓練しています。
自衛隊入ってみてはいかがですか?
間違いなくプラスになると思います。
 

ブービートラップ(笑)

 投稿者:学生  投稿日:2015年 6月26日(金)21時11分21秒 121-83-147-242f1.hyg2.eonet.ne.jp
返信・引用
  先日このような記事↓を見つけたのですが、これは大佐さんでしょうか?
http://legion84.blog.fc2.com/blog-entry-11.html
またこの記事で訓練用手榴弾を使ったブービートラップのことが書かれていますが本当でしょうか?もし本当なら笑いが止まりません(笑)
 
    (大佐) こんにちは。

間違いなく私のことですね。当時オランジュには私以外に3名から4名いたと思いますが、そのうちの3名とパリに行き、飯を食ったのは覚えています。
そのときに脱走の話をしたのかどうかは覚えていませんが、塀からの脱走をえらく反対されたのは覚えていますね。
ロッカーに手りゅう弾を仕掛けてるのを見つかり、彼らに阻止されたこともありました。
手りゅう弾のトラップ話は、若干違いますが、他はだいたい合っています。骨折は足ではなく、手首ですけどね。
該サイトの管理人さんも、誰かは分かります。あの後、私含め3人が除隊、脱走しましたが、その後15年ほども在隊されていたとは驚きですね。
すし職人になると言っていたのに・・・ とにかく、元気そうでなによりです。
あと、私は外人部隊の名前で仕事をしたりしてないので、怒られることはないのかな・・・
では。
 

質問です

 投稿者:Masterpiece  投稿日:2015年 6月 8日(月)13時55分40秒 pw126253200139.6.panda-world.ne.jp
返信・引用
  大佐さんや他の現役外人部隊の方、初めまして。
私は今21歳で、現役陸上自衛官でフランス外人部隊の入隊を考えています。できれば2REPに行きたいのですが、当方、身長が160前半程度しかないのですが大丈夫でしょうか。
フランス語は、陸自を辞めるか営内で勉強するか決めかねてますが、できれば語学教室に通いたいと思っています。
体力面は問題ないとは思います。
それとこれは部隊、中隊によるかとは思いますが、外人部隊に就職するという名目での依願退職というのは中隊の意見としてどのような感じなんでしょうか。
取り敢えず、人生計画としての用紙は提出できる状態にあります。
 
    (大佐) こんにちは。
自衛隊を辞めて勉強する必要はないのでは?
自衛隊、自由時間はとても多いと思いますし、勉強しようと思えばかなりできるのではないでしょうか。
語学教室ですが、確かに一人で勉強するのには限界があると思いますし、相手がいての勉強のほうが習得は早いと思います。
駐屯地が、語学教室に通いやすい場所にあればいいのですが。
私は、週末だけ2時間以上かけて語学学校に通っていましたが、週1ですとあまり上達しませんでした。
参考になればと思います。
 

レンタル掲示板
/77