teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


正司さんがんばって

 投稿者:無断天才の私です  投稿日:2017年 8月19日(土)15時20分9秒
返信・引用 編集済
  Yahooニュースからの転載です。デカデカと正司さんの写真とともにJR四国の危機状況打開について議論がなされている旨の記事が掲載されています。北海道から見て「四国よお前もか?」と、薄々は気づいていましたが、全く同じではないだろうけどよく似た問題を抱えているのがわかります。
都市に暮らしていると気づかないかもしれませんが、過疎地域の鉄道の健全な運行を維持していくためには、単に財政支援や合理化を進めるだけでは限界があり、その使命の見直しや付加価値の発掘など発想の転換が不可欠だと思います。
例えば現状の延長線上で鉄道の利用を呼びかけても高が知れているけれど、運行頻度が上がって便利になれば自然に利用者は増えるでしょう、運賃が下がればもっと増える。駅が利用しやすい場所にあれば便利になる、周辺の2次交通を整備する。LRVみたいな車両なら乗り降りしやすい(個人的には嫌いだけど)。積極的な宅配便の混載推進(キハニ復活)。色々な人の知恵を集積すれば新しい鉄道利用体制の構築が可能なはずです。
北海道の様子を見ていて思うのですが、JRからは沿線自治体と道への支援要請ばかりで国へ働きかけが見えません。これだけ問題化しているのですから国家プロジェクトとして、救済ではなく開発主導するような態勢で臨んでもらいたいものです。
 
 

夏旅ご報告

 投稿者:小林  投稿日:2017年 8月 5日(土)13時47分56秒
返信・引用
  小倉さんへ
すばらしい車体が出来つつありますね。伝統の木工技術、細部に宿ると言っても過言ではないですねえ。どっかの庭園鉄道と違い、縮尺バランスが良いので、写欲がそそります。大いに期待してます。ウィンドウシルやヘッダーというのは、単なる補強材じゃなかったんですねえ。やっぱり、事務屋はええ加減です。

ところで、お励まし、有難うございました。
一念発起、夏旅をしてきました。(8/2~4)
行き先は予告通り中国地方、伯備線方谷、三江線石見都賀、瀬野八が主要目的地です。
伯備線方谷は広島OB会の翌日行きましたが、汚い紅葉と暗い雨空、おまけに貨物はウヤだったので、再挑戦です。上り貨物と115切妻車は時間の関係上、駅近くでしか無理なのですが、木々繁茂、光線具合も厳しく、いい写真は無理でした。その後、2キロ程北の鉄橋見下ろし地点あたりで「やくも」と各停各2本撮影。鉄橋を国道から見下ろす地点も相当木々が迫りつつあり、バツになるのも時間の問題です。12時過ぎまでいて、ここから延々、三江線の潮まで、18切符で旅を続けます。新幹線を使わなかったのは、尾道で1時間半、途中下車のため。尾道の1時間半は、①千光寺の毘沙門堂訪問②天寧寺の塔と尾道水道、尾道大橋を絡めて山陽本線撮影③駅裏手10分程度にある酒蔵訪問と各30分充当。①と③は最近、私個人のマイ・ブームとなっている、珍しい形態の仏教建築訪問、撮影が①、地酒酒蔵の撮影と伝統的デザインラベルの酒購入のため②。
潮は冬訪問時と同じく潮温泉大和荘新館ですが、今回は素泊まりやむなく。翌日は一番列車で都賀の棚田、江の川俯瞰ポイントへ。7時半の列車の時には、まだ棚田には影がさしていましたが、8時の列車の時には陽が射しエエ感じになりました。2本ともキハ120三江色オリジナルの単行と2連で大満足。棚田は既に黄色く色付きかけていて、早くも初秋の気配。さわやかな夏の朝はもう、このあたりにしか残っていないのではと痛感。大阪、岡山、広島とドコモ熱々で、今年は特に蒸し暑い。11時の列車まで、ここで粘るか、場所を変えるか迷うところですが、前回は粕淵、太田と裏へ抜けたのですが、今回は伊賀和志からのバスで三次に戻るため、タクシーを使って伊賀和志方面にでます。最寄りの伊賀和志か、駅が有名な宇都井か、町並みが見れる口羽か迷ったのですが、口羽にしました。これは、三江線撮影には不正解でした。結局、口羽からバスに乗り、三次で1H散策、列車より早く広島に着く高速道経由バスでアストラムライン中筋、新白島経由で西条へ。バスは新白島も経由するのですが、中筋を経由余儀なくされたのは、バス代の小銭不足のため。
その日は酒都西条に泊り、翌朝6時の電車で八本松へ。瀬野八の一番東寄りの著名俯瞰ポイントへ。快晴で拳を握りしめたところですが、ポイントでは列車側面は順光ですが、前面は真っ黒。
以前来た時は靄がかかった様な天気で、雰囲気が良かったのですが、ちょっと残念です。ここで、8時まで粘り、ELは67、210の300代、ECは黄色の115系と新車227系を存分に撮影。珍車は唯一、分散冷房車が来た事でした。八本松の後は、竹原、安芸津、三原等町歩き。
マリンビューは形式写真だけでもと慌てて竹原駅に駆け込もうとしましたが、力量不足で逃しました。街歩きは鉄道無関係で略。夕方の眼科予約の時間変更が煩わしいので早目に引き上げました。それにしても、暑かった。
 

鹿部電鉄近況

 投稿者:小倉  投稿日:2017年 8月 2日(水)06時02分30秒
返信・引用
  まだまだ未完成ではありますが、デ1の外装を組みつけたところまでこぎつけましたので見てやってください。
実物同様完全木造車体でして、短冊状の板の両側に凹凸加工して腰板部分を成形してあります。妻板のRもこの方法で実現しています。芸が細かいでしょ。ご近所の家具工房の全面的協力を得て作り上げました。せっかく精密な加工をしてもらったのに雑な組み立てで歪みが出てしまい後悔しています。HOに換算したら0.1㎜単位の誤差なんですが、なにせモノが大きいので気になります。
この後ウィンドウシルやヘッダーを取り付けるのですが、これらは飾りではなく構造材の一部として窓枠や扉のベースになるので、ペーパー車体みたいに最後に貼り付けるというわけにはいきません。結構な手間がかかります。
仮の屋根は間に合わせにスチロール板で作ってありますが、本来はダブルルーフです。キャンバス張りの防水加工をしなければならないのであらためての作業になります。
夏休みになるとご近所のお孫さんたちが鹿部にやって来ます。「おじちゃん、去年から進歩がないね。」なんて言われてしまう(引率の大人からも)ので手をこまねいていられません。さぁ次は動力を繋いでト101を牽引できるようにします、大変だぁ。
 

Re: 暑中お見舞い申しあげます

 投稿者:小倉  投稿日:2017年 7月25日(火)21時30分8秒
返信・引用
  小林さんへのお返事です。

弱気はあきまへんでぇ、そら若いころに比べたらなんもかも衰えてきてるけど、それがどやねん?我々には有り余る時間と誰にも縛られない自由とわずかな年金がありまんがな。体力?鍛えたらよろし。精神力?心頭滅却すれば怖いものなし。判断力、視力?難しいことには近づかず、小さなことには目を瞑る。元気なうちに遊びまわり、力尽きたらコロリと逝く。死んでしもたら何をやり残しても後悔能わずや。作りかけの模型然り、棚いっぱいの蔵書、切符その他のコレクション、撮り損ねたどこやらの絶景写真、どれも冥土には持って行けまへん。
そうそう、新潟へ行くの楽しみに猛暑の夏を果敢に乗り切りましょう。北海道も時々暑おまっせ、エアコンないからよけ暑い、ジトーッと来るとなんか懐かしいわぁ。
毎日いろんなことしながら鹿部電鉄も作ってますけど、電車の写真はもう少し出来てからにします。お楽しみにー!
 

暑中お見舞い申しあげます

 投稿者:小林  投稿日:2017年 7月18日(火)16時15分42秒
返信・引用
  OB会メンバーの皆様、些か早いのですが、暑中お見舞い申しあげます。
梅雨明け宣言は、熱闘の夏のスタートですが、最早、体力、精神力、判断力、視力の何れもに黄信号が灯りつつあり、あと、何年続けられるやらと、焦燥感のみが先行する今日このごろです。
皆様お変わりございませんか。水分も鉄分も十分補給して、猛暑の夏を乗り切りましょう。夏が過ぎれば、OB会の秋じゃありませんか。新潟でお目にかかるのを楽しみにしています。
 

Re: 富田さんへ

 投稿者:長岡京鉄道/富田  投稿日:2017年 6月17日(土)12時07分7秒
返信・引用
  > No.880[元記事へ]

小林さんへのお返事です。

夏は中国地方ですね。錦川鉄道へは秋に行ってみたいと思ってます。私はまず飯山線、小海線を再訪しようかと思ってます。梅雨とは言え良いお天気が続いているのでどこか近場で日帰りで行きたいとも思ってます。
 

富田さんへ

 投稿者:小林  投稿日:2017年 6月16日(金)11時38分28秒
返信・引用
  視力増強何よりです。
模型製作に、撮り鉄に、益々ご活躍下さい。

私の今夏お泊り旅は、西条、三次と泊まって、瀬野八、三江線再訪を考えています。
その他の訪問先は、伯備線方谷、錦川鉄道、竹原、安芸津街歩き、尾道某寺、西条酒蔵、呉線安浦などから選択を候補に上げていますが、ま一寸未定です。
 

C60製作再開

 投稿者:長岡京鉄道/富田  投稿日:2017年 6月15日(木)06時29分55秒
返信・引用
  眼の調子があまり良くなく、5月に思い切って白内障の手術をしました。術後の経過もよく遠くも近くも随分見やすくなりました。ハンダ付けなどの手元の作業もやりやすくなり、模型の製作意欲がわいてきまして昨年から1年近く中断してましたサンゴのC60ベースキット作りを再開しました。ボイラー、下回りの主要部分は出来てまして、仮のテンダーをつけると今でもやや大き目な音ですが走行します。フロントデッキ、キャブなどを作りこんでいき、秋のクラブの運転会に間に合わせたいです。遠くも見やすくなり、撮り鉄も楽しみです。
 

ばんば競技会

 投稿者:小倉  投稿日:2017年 5月14日(日)16時18分45秒
返信・引用 編集済
  道内各地で人気のばんば競技会が隣町で開催されました。常設ではないので馬券は売っていません、桜まつり最終日のイベントです。
道産子馬やらポニーやらが参戦して結構面白い。でも目が釘付けになったのはこちら。
馬そりをゴールからスタート地点に戻す運搬車はガソリンエンジン駆動です。そり1台の最大重量は錘しを含めると800㎏にも達し、それを何台も積み込むのですから線路はナローですが50㎏級です。
 

前記続報

 投稿者:小林  投稿日:2017年 5月13日(土)12時51分40秒
返信・引用
  四国旅行の使用とくとく切符→「四国くるりきっぷ」¥14,800-
誤字等訂正→①予土線沿線地名「芽ぶき手」正しくは「茅吹手」
      ②法花津3行目「標準、パンマン各本」は「標準、パンマン各2本」の誤り

現像が仕上がったところ
新緑が一番きれいに写ったのは、やはり落葉樹が多い小歩危。(雨ゆえベルビアではなく、プロビアを使ったことにもよると思えるが)
実際のところ、樹木新緑の美しい順は①小歩危②予土線の大正~昭和③予土線半家④土讃線岡花の順で、常緑樹の新緑は汚く、ベルビアで早朝曇天となると、さらに赤茶ける。法花津の新緑は専ら下草。
小歩危は辛うじて、列車の存在が判る程度。予土線土佐大正~土佐昭和のRC橋は、四万十川が蛇行しているのでよく似た橋が大正側から4つ続き、私は時間都合で4番目で狙いましたが、背後の緑からいえば、2,3番目が良かったみたい。
半家の大カーブは、田植え後を期待したのですが、半家のあたりはまだであったのも失敗でした。
一方、黄砂でくさっていた、法花津峠ですが、目で見るより、写真の方がすこし鮮明にはなってました。しかし、快晴の9月晴れとは比較になりません。
最初は、盆過ぎ~8末の案もあったのですが、今回は「安かろう、悪かろう」という結果になったようです。

 

レンタル掲示板
/88