teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


冬らしくなりました

 投稿者:鹿部電鉄小倉  投稿日:2018年12月 7日(金)11時40分21秒
返信・引用 編集済
  今年の季節は約1ヶ月遅れで、本未明から初めての本格的な雪になりました。10月に「デ1」の屋根張り作業が終わってから防雪対策の建屋を作っていまして、雪が積るまでになんとか完成させたいと頑張って来ました。なんと屋根のベニヤ板を貼り終えたのが昨日の午後、チラチラと降り始めていて、「滑り込みセーフ」というわけです。
アルミポールとポリカーボを組み合わせた既製のカーポートを流用する手もあったのですが、やはり昭和の香りを漂わせたいと、小機関区の駐泊所風の小屋にしてみました。「露天風呂のあずま家みたいや!」と悪口を叩く人もいますが、癒しの心も大切に。晴れた日には「ト101」にたらいでも積んで足湯をやりますか。
 
 

来年OB会往路ルート対案について

 投稿者:小林  投稿日:2018年11月 4日(日)15時14分50秒
返信・引用
  先日、「はまかぜ」に乗っていて、気づいたのですが、来年のOB会往路ですが、「スーパーはくと」というご提案がありましたが、「はまかぜ」の利用も1案ではないかと、思いつきました。
そこで、時刻表を見ましたところ、大阪12:22発の「はまかぜ」3号、香住行きがあり、香住からの各停接続も良く、浜坂でも、乗り換えを要しますが、岩美に16:23(土休日)に着きます。竹野から先は、海の景色も味わえます。車内の印象は、189
系の方が、背ズリが大きく、色も臙脂で豪華に見えます。
「スーパーはくと」の場合は、京都発10:54(大阪11:24)か12:52(大阪13:24)で、鳥取着が13:51か15:52となり、岩美方面鳥取発、14:37か16:20(ともに土休日)で、岩美着15:03か16:46(同)となります。
もう一つの案としては、京都12:25の「はしだて5号」に乗る案があります。京都丹後鉄道のDC特急で、福知山で新大阪からの「こうのとり9号」(新大阪12:05)に接続、城崎から先が各停接続で、先の「はまかぜ」案と同時刻になります。特急料金は通し計算となります。
この他、最初から「こうのとり9号」に乗る案もありますが、福知山線は景色がイマイチですので、いかがかと思います。
古い「鉄道ファン」を出してきて、シートピッチを調べますと、KTR車が1050mm,智頭急が980mm,189が970mmで、KTR車が一番ゆったりしているようです。車内写真で見ると、KTR車は更新後、座席が安っぽくみえます。
以上、車内設備、乗り継ぎ利便性、景色で、それぞれ一長一短です。翌日との絡みもあり、皆さん、ゆっくり考えてみましょう。
 

小田急70000系ロマンスカー

 投稿者:長岡京鉄道/富田  投稿日:2018年11月 4日(日)15時02分11秒
返信・引用 編集済
  先日東京に行く機会があり、70000系ロマンスカーの撮影と試乗をしてきました。場所選びが面倒になり、いつもの開成-栢山間の踏切から撮りました。朝10時頃で曇り空と光線が正面から当たり、サイドが陰ってしまいどんよりとしたコントラストの無い写真になってしまいました。手前の田んぼも稲刈りが終わり雑然とした感じ。今度は別の場所にしようと思ってます。撮影後小田原まで行き、箱根湯本折り返しの同電車の先頭車に新宿まで乗りました。室内は落ち着いた雰囲気で乗り心地も快適でした。最前列の足元は7000系より少し広く、窮屈な感じもなかったです。(撮影:2018.11.3)  

OB会前後の足取り報告

 投稿者:三河の渡邉  投稿日:2018年10月25日(木)21時18分50秒
返信・引用
   OB会から20日近く経ちまして、ようやくその前後の足取りについての報告内容をブログにまとめました。

http://mkr.cocolog-nifty.com/mkr/2018/10/2-fced.html
http://mkr.cocolog-nifty.com/mkr/2018/10/3-6f30.html

 小倉さんや小林さんの足元には及ぶべくもありませんが、何だか久々に鉄分補給が出来たような気がします。
 来年は5月25日ですね。φ(..)メモメモ
 どうぞよろしくお願いします。

http://mkr.on.coocan.jp/

 

長いワラジ脱ぎました

 投稿者:鹿部電鉄小倉  投稿日:2018年10月21日(日)20時44分9秒
返信・引用 編集済
  10月2日以来長~いワラジを履いてOB会に参加したり、孫の顔を見たり、草刈りや所用をこなし、一昨日やっと鹿部に帰ってまいりました。津軽海峡を渡り、福島、軽井沢、静岡、東京、中山道経由神戸、東海道経由東京、津軽海峡から鹿部へ、と総走行距離約4000㎞、車中12泊に及びました。OB会参加者には企みが成功したことを伝えましたが、いいお土産をgetして持ち帰ることができました。
その行程を振り返ると、羽後交通(昨年に続いて2回目)、仙台市電博物館(昨年のリベンジ)、福島交通軌道線、磐梯急行電鉄(沼尻)、草軽電鉄、佐久鉄道、堀之内軌道、大井川鉄道、岳南電車、箱根登山鉄道、伊豆箱根鉄道、富士急行、豊橋鉄道(なぜか?)。予告していた秋田森林博物館は休館日でした。
一番下の写真は車中での調理、食事の様子です。今回はさすがに自分でもアクティブだなぁ、と思いました。
 

OB会その後

 投稿者:鹿部電鉄小倉  投稿日:2018年10月10日(水)23時17分40秒
返信・引用
  まだ草枕が続いていまして、あまりパソコンを開いていませんでした。
来年の50周年OB会は私の独断で話が決まって行って、どこかのスポーツ団体のパワハラ会長みたいなことになっていますが、別に異議申し立てしてもオリンピックに出られなくなるわけではありませんので、大いに意見を出してください。楽しく盛り上がるようにみなさんのアイデアをお願いいたします。
さて、その後の私の行動は(それまでの行動は当日の参加者以外は知る由もないのであらためて報告します)、岳南、箱根登山、伊豆箱根と続きました。とりあえず写真だけアップしておきます。
 

来年のOB会日取りと静岡OB会個人報告

 投稿者:小林  投稿日:2018年10月10日(水)11時41分49秒
返信・引用
  富田さん、お世話になりました。皆さん、楽しい時間、有難うございました。

さて、来年のOB会ですが、日取り2案でていて、娘の民宿は両日とも、可という事ですが、鳥取県の田植え事情を考慮し、あとの方の5月25日を第一案として、押さえておきました。貸し切りですので、皆さん、奮ってご参加下さい。
スペイン料理のパエリアが売りですが、なま物も美味しい処ですので、和洋折衷で頼んでおきました。特段の事がない限り、和室2畳続きで、雑魚寝といきましょう。来年の件は、以上です。

<個人報告>
初日は、曇プランの通り、朝直近の新幹線で豊橋、飯田線で本長篠まで乗り、豊鉄バスで田口へ。終点田口の町の裏山にある、郷土館(現在休業閉鎖中)の傍らに保存されている、豊鉄田口線モハ14が狙い。
新しい郷土館が何処かにできれば電車も移るとのネット情報もあり、虎の子扱いされたら、撮しづらくなるという危惧から、今のうちと急いだ次第。天気は小雨で、これが結果○。
後は地酒蔵立ち寄りだけで、田口には1Hもいないうちに、折り返し。特急で豊橋に戻り、新幹線で一気静岡。在来線で清水へ。清水の目的は最古級RC造の寺。新清水近くの鉄橋で、静鉄新車赤色を1枚。標準レンズでは、一寸遠すぎ、何本も粘るほどの景色でもなく、コレっきり。隣駅から、日吉町まで乗り、宿にチェックイン。市立図書館へ行ったのち、皆さんと合流。
翌日は、晴れの気配で、早朝在来線で東進。岳南で水色単行みましたが、跨線橋の影が見苦しく下車せず割愛。そうそう京王カラー復活でしたね。三島の伊豆箱根も見えた2本は撮影済形式だったので、ここも下車せず、熱海へ。長いトンネルを抜けると、文字通りの快晴。急遽、伊豆急へ行くことに。
前回の訪問時は、まだ100系が元気に走っていたH9年。行き先は、伊豆高原でのOB会合宿時(S54)に、曇天で良いのが撮せなかった伊豆稲取。昔と違い、撮影ポイントまでが、随分遠く、汗だくでやっとの到着。ポイントは水田が減り、チト開発感は有るものの、健在。青い海を望む、側面順光の俯瞰地。半島を2つ入れるには広角。ここで4本。JR特急は来ませんでしたが、未撮の8000系3本とリゾート21金目鯛カラーを撮影。チョンボも気づかず、御機嫌で引き上げました。
乗車列車もリゾート21金目鯛。海側、展望座席の片隅に陣取り、些か早い時間帯でしたが、金目鯛蒲鉾を肴に、田口で買った地酒を飲むとさらに御機嫌。究極の乗り鉄と自画自賛、目が覚めたら、熱海に着いてるじゃありませんか。すぐ、小田原に向かい、まずは、新松田の酒蔵へ。折り返し開成下車。
高をくくって車中からロケハンをせず、これが失敗。富田さんが撮しておられた、ポイントが判らず、汗だくで必死に歩いたゆえか、栢山に着いてしまい戦意喪失。もっとも、神奈川県の稲刈り時期は10月上旬とのネット情報でしたが、刈られず残っているところは極く一部で、結局、どうせ仕切り直しと、負け惜しみ。東京までは新幹線、後は在来線で、熊谷の図書館へ寄り、髙崎泊。
第3日は、予報と異なり曇天。上信電鉄の次々来る朝の上りを西山名あたりでと思ってましたが、この天気ではしゃあないと、1本遅くし、「佐野のわたし」へ。烏川を渡る上信の鉄橋と並行して、長い木橋があり、これを絡めて広角で狙う案に方針変更。しかし、曇天では冴えず。なお、根小屋寄りの水田エリアもゴルフ練習場みたいなのも出来、撮影不適になってました。木橋絡みも、とりあえず撮しましたが、真夏なんかに再挑戦と切上げ。因みに、大量購入された元JR107系は、そのまま留置中で、改造気配判りませんでした。1,2本改造された後にでも再訪問するつもり。
上信のあとは、伊勢崎まで行き、東武線で韮川へ。以下、太田市域のお寺を3つハシゴ(最寄り駅もそれぞれ異なり、「降りたで」記録も延ばす)し、前橋で図書館を2つハシゴ、この日ばかりは、曇で良かったと真に思いました。お疲れ。東京から新幹線に乗ったのも、久しぶりの事でした。
 

静岡OB会報告

 投稿者:長岡京鉄道/富田  投稿日:2018年10月 8日(月)17時54分51秒
返信・引用 編集済
             心配された台風25号も日本海に抜け予定通り無事開催できました。
            当日の開催内容及び来年の予定を報告します。



 ●開催日  2018年10月6日(土) 18:00~22:00

 ●出席者  小林、小倉、橋爪、田中、田村、加藤、渡辺、富田(8人参加、敬称略)

 ●会 場  居酒屋柚柚(一次会) サンマルクカフェ(二次会)

 ●内 容    静岡駅で集合時刻の6時前に全員集合(鈴木さんは急用ができ欠席)
         駅から地下道を北に5~6分歩いた居酒屋柚柚のこじんまりした個室で懇親会スタート。
        お造りや鍋をつつきながら、各自の近況やら今回の行動など報告。小林さんは事前に準備した
        報告書で撮影記録なども説明。
        一通り報告が終わってから、来年の鉄研結成50周年の記念イベント(?)を検討。小倉さんから
        大阪から、昼の「スーパーはくと」に乗り駅弁を食べながら鳥取まで皆でワイワイガヤガヤダベリ
        ながらの乗り鉄の旅はどうやとの提案あり。宿は合宿形式で全員小林さんの娘さんが運営されてる
        鳥取岩見の民宿に宿泊。翌日は若桜鉄道組や山陰線の撮り鉄組に分かれ行動するのもいいやろ。
        内容について色々意見が出ましたがこれでいこかということになりました。さてどこまで実現でき
        るのでしょうか。
        一次会は9時頃でお開き。恒例のチョコレートパフェの二次会は駅近くのコーヒーショップで話の
        続きをダベリ10時頃解散となりました。

  ●会 計   <支 出> 一次会   42,249円
                二次会    3,369円
                合 計   45,618円

         <収 入> 当日会費   48,000円 (6,000円×8)
         <差 引>         2,382円

         <次回繰越金>       2,382円+152円(前回繰越金)=2,534円

  ●2019年OB会予定
     開催日  2019年5月中旬~下旬の土曜日
     場 所  鳥取県岩美町「旅人の宿 NOTE」(スペイン料理と海の幸)

      ※秋は台風の心配があり、梅雨の前の5月がいいやろとの多数意見。結成50周年とのことで合宿形式


                                                                       幹事:富田
 

鉄研学生時代の写真

 投稿者:長岡京鉄道/富田  投稿日:2018年 9月27日(木)14時46分30秒
返信・引用 編集済
  学生時代の古い写真を見つけました。昭和46年5月16日関国民宿舎の前で撮ったものです。今から47年前、私が2年、小倉さん・小林さん達が3年の時のものです。皆さん若いですね。  

一つ思い出しました

 投稿者:小林  投稿日:2018年 9月27日(木)08時20分51秒
返信・引用
  小倉さんの書いて頂いた記述の中で、私がポスターを貼った場所の事ですが、学生会館のロビーではなくて、確か、教養部の食堂の中であったと思います。周囲に学生運動のビラなんかが確か貼ってあり、「鉄道研究会は闘うぞ!」の意気込みで張りました。アルミ箔を切りぬいての力作なので、1枚きりです。  

レンタル掲示板
/98