teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


OB会その後

 投稿者:鹿部電鉄小倉  投稿日:2018年10月10日(水)23時17分40秒
返信・引用
  まだ草枕が続いていまして、あまりパソコンを開いていませんでした。
来年の50周年OB会は私の独断で話が決まって行って、どこかのスポーツ団体のパワハラ会長みたいなことになっていますが、別に異議申し立てしてもオリンピックに出られなくなるわけではありませんので、大いに意見を出してください。楽しく盛り上がるようにみなさんのアイデアをお願いいたします。
さて、その後の私の行動は(それまでの行動は当日の参加者以外は知る由もないのであらためて報告します)、岳南、箱根登山、伊豆箱根と続きました。とりあえず写真だけアップしておきます。
 
 

来年のOB会日取りと静岡OB会個人報告

 投稿者:小林  投稿日:2018年10月10日(水)11時41分49秒
返信・引用
  富田さん、お世話になりました。皆さん、楽しい時間、有難うございました。

さて、来年のOB会ですが、日取り2案でていて、娘の民宿は両日とも、可という事ですが、鳥取県の田植え事情を考慮し、あとの方の5月25日を第一案として、押さえておきました。貸し切りですので、皆さん、奮ってご参加下さい。
スペイン料理のパエリアが売りですが、なま物も美味しい処ですので、和洋折衷で頼んでおきました。特段の事がない限り、和室2畳続きで、雑魚寝といきましょう。来年の件は、以上です。

<個人報告>
初日は、曇プランの通り、朝直近の新幹線で豊橋、飯田線で本長篠まで乗り、豊鉄バスで田口へ。終点田口の町の裏山にある、郷土館(現在休業閉鎖中)の傍らに保存されている、豊鉄田口線モハ14が狙い。
新しい郷土館が何処かにできれば電車も移るとのネット情報もあり、虎の子扱いされたら、撮しづらくなるという危惧から、今のうちと急いだ次第。天気は小雨で、これが結果○。
後は地酒蔵立ち寄りだけで、田口には1Hもいないうちに、折り返し。特急で豊橋に戻り、新幹線で一気静岡。在来線で清水へ。清水の目的は最古級RC造の寺。新清水近くの鉄橋で、静鉄新車赤色を1枚。標準レンズでは、一寸遠すぎ、何本も粘るほどの景色でもなく、コレっきり。隣駅から、日吉町まで乗り、宿にチェックイン。市立図書館へ行ったのち、皆さんと合流。
翌日は、晴れの気配で、早朝在来線で東進。岳南で水色単行みましたが、跨線橋の影が見苦しく下車せず割愛。そうそう京王カラー復活でしたね。三島の伊豆箱根も見えた2本は撮影済形式だったので、ここも下車せず、熱海へ。長いトンネルを抜けると、文字通りの快晴。急遽、伊豆急へ行くことに。
前回の訪問時は、まだ100系が元気に走っていたH9年。行き先は、伊豆高原でのOB会合宿時(S54)に、曇天で良いのが撮せなかった伊豆稲取。昔と違い、撮影ポイントまでが、随分遠く、汗だくでやっとの到着。ポイントは水田が減り、チト開発感は有るものの、健在。青い海を望む、側面順光の俯瞰地。半島を2つ入れるには広角。ここで4本。JR特急は来ませんでしたが、未撮の8000系3本とリゾート21金目鯛カラーを撮影。チョンボも気づかず、御機嫌で引き上げました。
乗車列車もリゾート21金目鯛。海側、展望座席の片隅に陣取り、些か早い時間帯でしたが、金目鯛蒲鉾を肴に、田口で買った地酒を飲むとさらに御機嫌。究極の乗り鉄と自画自賛、目が覚めたら、熱海に着いてるじゃありませんか。すぐ、小田原に向かい、まずは、新松田の酒蔵へ。折り返し開成下車。
高をくくって車中からロケハンをせず、これが失敗。富田さんが撮しておられた、ポイントが判らず、汗だくで必死に歩いたゆえか、栢山に着いてしまい戦意喪失。もっとも、神奈川県の稲刈り時期は10月上旬とのネット情報でしたが、刈られず残っているところは極く一部で、結局、どうせ仕切り直しと、負け惜しみ。東京までは新幹線、後は在来線で、熊谷の図書館へ寄り、髙崎泊。
第3日は、予報と異なり曇天。上信電鉄の次々来る朝の上りを西山名あたりでと思ってましたが、この天気ではしゃあないと、1本遅くし、「佐野のわたし」へ。烏川を渡る上信の鉄橋と並行して、長い木橋があり、これを絡めて広角で狙う案に方針変更。しかし、曇天では冴えず。なお、根小屋寄りの水田エリアもゴルフ練習場みたいなのも出来、撮影不適になってました。木橋絡みも、とりあえず撮しましたが、真夏なんかに再挑戦と切上げ。因みに、大量購入された元JR107系は、そのまま留置中で、改造気配判りませんでした。1,2本改造された後にでも再訪問するつもり。
上信のあとは、伊勢崎まで行き、東武線で韮川へ。以下、太田市域のお寺を3つハシゴ(最寄り駅もそれぞれ異なり、「降りたで」記録も延ばす)し、前橋で図書館を2つハシゴ、この日ばかりは、曇で良かったと真に思いました。お疲れ。東京から新幹線に乗ったのも、久しぶりの事でした。
 

静岡OB会報告

 投稿者:長岡京鉄道/富田  投稿日:2018年10月 8日(月)17時54分51秒
返信・引用 編集済
             心配された台風25号も日本海に抜け予定通り無事開催できました。
            当日の開催内容及び来年の予定を報告します。



 ●開催日  2018年10月6日(土) 18:00~22:00

 ●出席者  小林、小倉、橋爪、田中、田村、加藤、渡辺、富田(8人参加、敬称略)

 ●会 場  居酒屋柚柚(一次会) サンマルクカフェ(二次会)

 ●内 容    静岡駅で集合時刻の6時前に全員集合(鈴木さんは急用ができ欠席)
         駅から地下道を北に5~6分歩いた居酒屋柚柚のこじんまりした個室で懇親会スタート。
        お造りや鍋をつつきながら、各自の近況やら今回の行動など報告。小林さんは事前に準備した
        報告書で撮影記録なども説明。
        一通り報告が終わってから、来年の鉄研結成50周年の記念イベント(?)を検討。小倉さんから
        大阪から、昼の「スーパーはくと」に乗り駅弁を食べながら鳥取まで皆でワイワイガヤガヤダベリ
        ながらの乗り鉄の旅はどうやとの提案あり。宿は合宿形式で全員小林さんの娘さんが運営されてる
        鳥取岩見の民宿に宿泊。翌日は若桜鉄道組や山陰線の撮り鉄組に分かれ行動するのもいいやろ。
        内容について色々意見が出ましたがこれでいこかということになりました。さてどこまで実現でき
        るのでしょうか。
        一次会は9時頃でお開き。恒例のチョコレートパフェの二次会は駅近くのコーヒーショップで話の
        続きをダベリ10時頃解散となりました。

  ●会 計   <支 出> 一次会   42,249円
                二次会    3,369円
                合 計   45,618円

         <収 入> 当日会費   48,000円 (6,000円×8)
         <差 引>         2,382円

         <次回繰越金>       2,382円+152円(前回繰越金)=2,534円

  ●2019年OB会予定
     開催日  2019年5月中旬~下旬の土曜日
     場 所  鳥取県岩美町「旅人の宿 NOTE」(スペイン料理と海の幸)

      ※秋は台風の心配があり、梅雨の前の5月がいいやろとの多数意見。結成50周年とのことで合宿形式


                                                                       幹事:富田
 

鉄研学生時代の写真

 投稿者:長岡京鉄道/富田  投稿日:2018年 9月27日(木)14時46分30秒
返信・引用 編集済
  学生時代の古い写真を見つけました。昭和46年5月16日関国民宿舎の前で撮ったものです。今から47年前、私が2年、小倉さん・小林さん達が3年の時のものです。皆さん若いですね。  

一つ思い出しました

 投稿者:小林  投稿日:2018年 9月27日(木)08時20分51秒
返信・引用
  小倉さんの書いて頂いた記述の中で、私がポスターを貼った場所の事ですが、学生会館のロビーではなくて、確か、教養部の食堂の中であったと思います。周囲に学生運動のビラなんかが確か貼ってあり、「鉄道研究会は闘うぞ!」の意気込みで張りました。アルミ箔を切りぬいての力作なので、1枚きりです。  

Re:来年は

 投稿者:鹿部電鉄小倉  投稿日:2018年 9月25日(火)20時51分18秒
返信・引用 編集済
  来年が鉄研創立50周年に当たると言いましたが、何をもって創立と言うか、それは限られた人にしかわからないと思いますので、その当時のことを思い出しながらお話しさせていただきます。

1969年、昭和44年と言えば東大の入試が中止され、大学を目指す者は大混乱のさなかに置かれていました。合格証をもらっても学舎は封鎖されたまま、当然講義は開かれず、わずか前までの受験勉強に明け暮れた日々との落差は想像以上に大きく、今思えばまさに定年退職で仕事から解放されて会社に行く必要のなくなった爺さんと同じ境遇であり、明けても暮れても鉄道雑誌や鉄道関係の本を読み漁り、封印していた模型作りに没頭し始めていました。講義はなくても封鎖された構内に学生が立ち入ることは自由だったし、大学側が指定した小グループの討論や読書会などが六甲周辺(当然学外)で行われていたので、時々学生会館や教養部の食堂に行っては、コーヒー(\30)、カレー(\60)、ランチ(\120)を注文して時間潰しをしていました。
そんなある日、学生会館のロビーにポスターが貼ってあるのを見つけました。フレーズは確か「神大に鉄研を」だったと記憶しています。阪急マルーンの地色の紙にアルミ箔を貼って山陽3000系の姿を形どってありました。片隅に住所だったか電話番号が書いてあり、後日連絡を取ってポスターの主小林さんと会うことにしました。初対面なので目印として鉄道ピクトリアルを目立つように手に持ちました。その時、私もポスター2号を作っていて、色鉛筆を使って京都市2000型、大阪市3001型、神戸市1150型の正面を3つ並べたデザインのものを貼り出しました。携帯電話もメールもない時代、ポスターを見てから会うまで2~3週間くらいかかっていたでしょうか。入学手続きをしてからすでに数ヶ月は経っていたと思います。
その後、田中さん、橋爪さん、その他にも何人かが集まり、とりとめのない電車や汽車の話しをする定例会が開かれるようになりました。
まぁ、この辺りが神大鉄研の創立と言える時期ではないかと思います。

小林さんにこの話の真偽を問いかけたところ、殆ど覚えていないとのこと。その代り「『丙線創刊号』に概略の経緯が書かれている」と教えてくれました。以下抜粋です。

'69.6末より有志による鉄研結成の動き
   7月11日 有志結集 3名
   8月25日 撮影見学会「能勢電軌」参加3名
   9月10日 入会予定者7名来り、この席上で「神戸大学鉄道研究会」結成さる(参加10名)
    12日 正式に団体結成届 提出
    18日 6名入会
    19日 すでに本学に鉄研存するの通報、当局より有り。(当時3年中心。無活動)
     後、この旧鉄研と相談の上、名称引きつぎを行なう。
 

来年は

 投稿者:鹿部電鉄小倉  投稿日:2018年 9月22日(土)16時57分55秒
返信・引用 編集済
  雨の日の手慰みにこの「KU鉄研OB会掲示板」を全頁クリックしながら遡って読んでました。そこに「鉄研設立XX年」てなことが書いてあったので、さて今年は何年かいな?と指折り数えてみたら、なんと49年。来年はお目出度い創立50周年じゃありませんか。
これはなんとしても記念行事をやらねば!高級ホテルの宴会場を貸し切って式典とか(あまり鉄研らしくないか)、恒例OB会は久しぶりに全員同じ宿に泊まる(大広間に雑魚寝、消灯後枕投げ:修学旅行か?)とか、懐かしいユースホステルに泊まる、海外遠征で阿里山鉄道とか、、、。
みんなでアイデア出し合ってじっくり案を練ってやりましょう。一年前に気が付いて良かった。とりあえず思いつくことがあれば、実現不可能のようなことでも投稿してみてください。
それと今年のOB会は9名の参加が見込まれているので、是非この件についての議論もしたいと思います。
 

OB会参加します 

 投稿者:はしづめ  投稿日:2018年 9月12日(水)17時15分23秒
返信・引用
  富田 さん

毎度お世話になります
諸般の事情で欠席が続いてますが、今年は参加したく存じます

小倉さん

遅くなりましたが、地震お見舞い申し上げます

デ1 の屋根のカーブはごっついええ感じですね
乗せてもらいに行かなあきませんなー

皆様 ご無沙汰いたしております

橋爪





 

デ1の現況

 投稿者:鹿部電鉄小倉  投稿日:2018年 9月11日(火)17時51分34秒
返信・引用 編集済
   思い通りに作業にかかれない日が続いていました(テニスやカヌー、釣りに興じていた)が、やっとここまでたどり着きました。とは言えハリボテでの撮影で、芝居の大道具と同じですわ。でもヘッドライトやポールを付けてやるとそれなりにイキイキしてくるものですな。目標は年内(雪が降るまで)にそこそこ仕上げるつもりでしたが、今年も町の文化祭(11月)出展はお預けかな。
 屋根は手こずりました、というか手応えありましたでぇ。カヌーの製作技法を応用してダブルルーフの曲面を作り出すンですが、昔の実物の電車もよく似た手法やないかと思います。
 明日から好天が続くとの予報ですンで、ハリボテを外して屋根の仕上げ、窓枠、扉の製作にかかります。来月はOB会前後の長期ロードもあるし、やっぱりあきまへんわ。
 

Re: 地震

 投稿者:三河の渡邉  投稿日:2018年 9月 8日(土)09時35分16秒
返信・引用
  > No.972[元記事へ]

鹿部電鉄小倉さんへのお返事です。

 御無事で何よりでした。

> お茶とわずかながら食料の差し入れを持参したところ大変喜んでくれました。

 いい事されましたね。心が温まります。
 それにしても、各地での半端じゃない災害多発。次はいよいよこちらに順番が回ってきそうな気がしてなりません。

 さて、静岡は参加させていただくつもりですが、まだ宿が取れてません。翌日、大阪で高校の同窓会が有るので、その足で西に向かいます。OB会⇒同窓会、たいした距離ではないけれど、東奔西走です。

http://mkr.on.coocan.jp/

 

レンタル掲示板
/97